ホスティングサービス
ELNでは、ASP.NETが使えるホスティングプランもご用意しています。
ホスティングサービス
専用サーバー
安定したバックボーンを持つ専用サーバー構築も、ELNにお任せください。
専用サーバー
ELN Exposition
EarthLinkNetwork ASP.NET概要 ASP.NETの特長 サンプルプログラム基本編 プログラムサンプル実践編
ASP.NETの特長
ASP.NET Merit

使用可能言語は?

主にサポートされる言語として、Visual Basic.NET、Visual C#.NET、Visual C++.NET、Visual JScript.NETなどがあります。

このページのトップへ↑


Webコントロールとは?

.aspxファイルというのは、.NETにおけるWEBコントロールを実装したファイル(WEBフォーム)であり、以下のような2つの特徴を持ったユーザーインターフェイス用のプログラミングロジックです。

このページのトップへ↑


機能紹介 ( ユーザーインターフェイス生成機能 )

ASP.NETが持つユーザーインターフェイス生成機能は、Webフォームといわれる機能によって支えられています。


Web フォームとは、.NET Framework によって提供されているアプリケーションフレームワークの一部で、クラスライブラリとして提供されたユーザーインターフェイス部品を指します。この Web フォームによって、Web アプリケーションの開発は変わってきます。


たとえば、旧来の ASP (Active Server Pages) であれば、サーバー側で実行されるスクリプトの結果を HTML などで返すことができるように 「Response.Write()」 といったメソッドを駆使してコードを記述しなければなりませんでした。つまり、HTML のことを知っていなければ、Web アプリケーションは開発できなかったわけです。もちろん、「Web アプリケーションなのだから知っていて当然……」 という意見もあると思いますが、実際は、HTML だけで済んでしまう世の中ではなくなってきました。


加えて、i-mode に代表されるような携帯端末の登場によって、これらのデバイスからアクセスされるWebアプリケーションも想定しなければならない、という背景もあります。すると極論すれば、今までは HTML だけ知っていれば何とかなったものが「cHTML」や「WML」「HDML」といった、さまざまな言語を知っていなければなりません。このような状況を打破するのがライブラリとして提供されているユーザーインターフェイス部品である Web フォームなのです。

このページのトップへ↑


機能紹介 ( アプリケーションのインフラストラクチャ )

Web アプリケーションや XML Web サービスを構成し運用する場合、当然のことながら 「アプリケーションを配置」し、その上で 「アプリケーションを管理」する必要性があります。ASP.NET では、これらのフェーズに対しても利便性を提供しています。


アプリケーションの配置という面から考えると、今までの場合、利用されているコンポーネントなども含め、多くの場合レジストリや IIS のメタベースなどに対して何らかの設定を行なう必要がありました。ASP.NET で作成されたアプリケーションの場合、これらの作業が原則として不要になります。これは、「XCOPY ライクなデプロイメント」 と呼ばれることもある機能で、作成したアプリケーションを特定の仮想ディレクトリなどにコピーすることで簡単に配置作業を完了させることができます。


また、設定情報などは、XMLをベースとした構成ファイル(Web.config や Machine.config というファイル)によって記述し、アプリケーションとともに配布することで設定を反映させることができます。また、設定ファイルに変更を加えれば、その時点からアプリケーションへ動的に反映させることができます。


開発・活用の際に必要になる「.NET Framework」は「Microsoft.NET」において、ソフトウェアの開発・実行環境として提供されているもので、ハードウェアやプラットフォームに依存することなくソフトウェアの実行が可能となっています。

このページのトップへ↑



Copyright (c) 2002-2003 Earth Link Network